All Alive Project 埼玉

”AAPS”

こんにちは!AAPS「アープス」です。

私たちは、
演劇的手法を用いたワークショップを
企画運営する任意団体です。


応用演劇で、
こどもから大人まで、すべての人の
イキイキとした豊かな「生きる」を応援!

多様な人がともに生きる、豊かな共生社会を目指します。

2024年度よりAAPSは「ドネーションワークショップ」に取り組みます!!

AAPSが主催するワークショップ参加費のうち、
500円がドネーションワークショップ開催資金として積み立てられるシステムです。

例: 応用演劇を楽しむ遊び場【OPEN!】
参加費:一般2000円、学生(高校生〜)1000円
→各参加費から「500円」をワークショップ開催資金として自動積立。
実質参加費は昨年度と変わりませんが、参加することで、自動的に「寄付」もすることになるシステムです。




*ドネーションワークショップとは…

AAPS主催ワークショップの参加費から積立てられた資金を活用し、演劇ワークショップ開催を希望する団体や施設を募り、AAPSが無償(寄付積立活用)で演劇ワークショップをお届けするという循環型システム!!
その名も「win-win WS(ウィンウィンワークショップ)」
参加者の「楽しい・嬉しい」の気持ちを 周囲の方々へもお裾分け♪
みんなが幸せになるシステムです✨

AAPSのワークショップに参加して、楽しみながらドネーションしませんか?

お申込み受付中のWSをご紹介!!

演劇の可能性シリーズvol.2

【みんなでつながる 演劇のチカラ】

 講師:黒田 百合(くろだ ゆり) 劇・遊び・表現活動Ten Seeds代表

2024.08.04開催!

【応用演劇】を知って、体験して、感じてみませんか??
応用演劇は 誰もが気軽に楽しみ 繋がるアートです

こんな人におすすめ!

  •  演劇ワークショップ(応用演劇)に興味のある方
  •  演劇ワークショップ(応用演劇)の実践現場を知りたい方
  •  演劇ワークショップ(応用演劇)を体験したい方
  •  演劇ワークショップ(応用演劇)のさまざまな効果を実感したい方


 「応用演劇」とは

 「応用演劇」は演劇のさまざまな要素を活用した、誰もが気軽に楽しめる表現活動の総称です。
言語・身体表現、集団による創作などを通して想像力を刺激し、コミュニケーション能力などを高める効果があるため、
さまざまな目的・課題に合わせて活用され、
欧米では学校教育を中心に、福祉、医療、更生施設、また企業などで活用普及が進んでいます。

知る*体験する*感じる
【講義+体験】3時間の応用演劇ワークショップ!

さまざまな人が出会い、関わり、つながり、その人らしく豊かに生きるチカラを生み出す「応用演劇」
講師黒田百合さんは、金沢に拠点を置き劇団活動を行いながら、全国を飛び回り、さまざまな地域で応用演劇を実践しています。地元では教育現場や社会福祉法人佛子園の「ごちゃまぜ」なまちづくりとして障がい者との定期活動に取り組み、岐阜県可児市では公共劇場を中心にした地域共生の推進に携わり、現在は、自身も経験した能登震災における災害支援などでさまざまな社会課題に向き合い活動を続けてらっしゃいます。

気になった方はどなたでも! ぜひ「演劇の可能性」を心と体と頭で体感しにいらしてください。
皆様のお申し込みをお待ちしております。 会場にて、一緒に体験を楽しみましょう✨

【イベント情報】

◆日時
2024年8月4日(日) 13:30〜16:30
◆場所
さいたま市浦和コミュニティセンター 第14集会室
(浦和パルコ内 コムナーレ10F /JR浦和駅東口目の前)
◆対象
教育や福祉、居場所や災害支援、公共事業に携わる方、その他、演劇ワークショップに興味のある方ならどなたでも
◆参加費
3,000円

  •  今回AAPSサポーター特典(500円割引)は適用となりません(交流会参加特典を設ける予定)
  •  Peatix参加費は選択肢(能登震災支援寄付・AAPSwin-win WS寄付)があります。通常の参加費と合わせてご検討ください。

  ※サポーターや寄付に関して 詳しくはこちら
  ※参加者の事情によるご精算後の変更やキャンセルに伴う払い戻しは致しかねます。 ご了承ください。
◆定員
25名程度

【当日の流れ】 

講義+体験ワークショップ 3時間(途中休憩あり)
◆講義

教育現場や障がい者との活動、地域での市民共同創作、災害支援現場での取組みなど、多数の実践事例をご紹介いただきます。

◆体験

参加者の皆さんで実際に応用演劇を体験します。
身体を動かすことで発見することや感じることがあります。
活動の対象や目的による違いを感じたり、体験を振り返って理解を深めます。

【講師紹介】

 黒田百合(くろだゆり) 
劇・遊び・表現活動Ten seeds 代表 / 劇団夢宇人 主宰

劇団四季演劇研究所第20期。日本演出者協会会員(社会包摂部)石川県在住。
2000年より石川県内高校の非常勤講師を歴任し、2003年金沢市民芸術村ドラマ工房ディレクター就任。
障がいのある子と健常児との舞台「風の又三郎」上演を機に、社会福祉法人佛子園が建設したアートセンター「エイブルベランダbe」にてドラマワークショップや公演を定期開催。
2008年より岐阜県可児市の市民ミュージカルや小学校、乳幼児、高齢者などのワークショップを、北海道では多様な人達との舞台制作など、各地でさまざまな応用演劇活動を行なっている。

【後援】

埼玉県、埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会、さいたま市社会福祉協議会



わたしと仲間のナンデモ工房2024 

申し込みスタート!!!


 
今年も始まります!!
小学生対象、演劇ワークショップ!!
さいたま市を中心とした公募で集まった子どもたちと織りなす
豊かで楽しくて、なんだかホッコリ温かい、そんな空間😊
なんと、今年で6年目!!!!!きゃっほ~!


ここを、私たちは
「秘密基地」と命名する~(笑)


秘密基地って、ワクワクしますよね~(^^♪
誰も知らない、秘密の場所💛
そこにはゆかいな仲間がいて、思い切りカラダを動かしたり、
想像したり、みんなで色んな物語を作って遊ぶのだ!!
自由な発想も、ヘンテコな考えも大歓迎!!


この秘密基地から、何が生まれるだろう。
どんな仲間と過ごすのだろう。


わたしたち大人スタッフにも、わからない(ドキドキ💕わくわく)


でも、小学生の、この時期に、この秘密基地で過ごした時間は
きっと君たちの人生を明るく照らす何かでありたいし、
困ったときにも「きっとわたしは大丈夫」って思えるような何かでありたい…
なんて、大人スタッフは思っている。


卒業したすべてのナンデモクルーの幸せも、ずっとずっと応援しているぞ!! 

****************************


「わたしと仲間のナンデモ工房2024」


お試し(単発)コース

①親子(ペア):7月21日(日)14:00~16:00

 会場 与野本町コミュニティセンター



②小1.2. :7月28日(日)10:00~12:00

③小3~6 :7月28日(日)14:00~16:00

 会場 岩槻駅東口コミュニティセンター



長期ワークショップ(全8回)

④小3~6

9/8・ 9/29 ・10/6 ・10/27 ・11/10・ 11/24・ 12/8 ・12/15

会場 岩槻駅東口コミュニティセンター

 与野本町コミュニティセンター他





■参加費:①一組   1500円

 ②③   1000円

 ④全8回 8000円



■お申込み:申し込みフォーム



 または、こちらのメールアドレスまで

 「ご希望のWS①②③④のどれか。

 お名前・ふりがな・ご連絡先電話番号・学年

 ④の場合はお休み日があれば日程を明記」してお申込みください。



■申込締め切り:①②③ ~7/8

                    ④~7/29



お申込み多数の場合は抽選になります。

お申込み頂いたすべての方に、

「申し込み締め切り日後→①②③は7/9ごろ

 ④は7/30ごろ にメールにてご連絡いたします。


応用演劇を楽しむ遊び場

【OPEN!】

AAPS らしい手作り感満載の WS 空間です。
応用演劇が初めてのかたも、もちろんリピーターさんも大歓迎です!
気軽にふらっと遊びに来てみてくださいな♪  

★こんな方におススメです★

  • 応用演劇に興味のある方
  • 演劇ワークショップに興味のある方
  • 自己表現に興味のある方 
  • 自己表現が苦手な方も
  • 日々の生活のリフレッシュに
  • 頭と体の活性化に 
  • コミュニケーションに興味のある方に
  • 人と関わり合うお仕事の方に


いろんな方に応用が効くのが、応用演劇でございます。
まずはお試しを !!








次回開催は:──

日時:2024年 9 月 1 日(日)13:30~15:30
場所:未定
対象:高校生以上ならどなたでも
参加費:一般2000円、学生1000円
※サポーターは500円割引となります。
(サポーターに関しては団体概要のページの一番下をご覧ください)

満員御礼 たくさんのご参加有難うございました!!

演劇の可能性 ~知る・体験する・感じる~

2024年2月4日(日) 講師:花崎 攝


◆◇◆参加者のご感想から◆◇◆

  • 「話に聞いていたのと実際に体験するのとでは全然違った。障がい者の方々と一緒に活動できたらと思っていたので、具体的なイメージがわいて良かった。」(40代女性・パート)
  • 「応用演劇というものを初めて知りました。こんなに広い場で活用できるものとは!今までの人生(学生時代のNGO、元教員、作業療法士)すべて応用演劇に繋がっていたこと(繋げられる可能性)にびっくりでした!!」(40代女性・作業療法士)
  • 「演劇を長くやってきて、自分なりに同様の活動を続けてきました。今回、初めて応用演劇という言葉や活動を知り、仲間がいるんじゃないかと期待してきました。今後、もっともっとこの輪が広がっていくことを期待しています。」40代男性・脚本家・演出家)


AAPSでは、一緒に活動するメンバーを募集しています!

応用演劇WSにご興味のある方。
そして、わたしたちの活動に共感してくださる方。
一緒に応用演劇WSを企画・運営してみませんか?

活動場所は、さいたま市近隣地域が多いですが、メンバーは埼玉県民に限りません。
また、演劇経験の有無も問いません。
ご興味のある方は、現在開催中の「わたしと仲間のナンデモ工房」を見学いただくことも可能です。

詳細のお問合せ、お申込み、見学の希望など、
まずは、 

①お名前②ご連絡先③お問合せ内容を明記の上、 

下記 AAPS問い合わせボタンより、ご連絡くださいませ(^^♪

AAPSの活動にはどんなものがあるの?

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

AAPS
プロモーションビデオ
2020

演劇ワークショップは、人と人とが集まり、心と身体と頭を使う活動です。

以下の感染予防対策を行い、衛生管理に努め、注意深く活動を行いたいと思います。
参加者の皆さまもご理解とご協力をよろしくお願いします。

感染予防対策のガイドライン

【新型コロナウィルスに対する感染予防対策とお願い】
2023年5月8日から新型コロナウィルスも季節性インフルエンザと同様の扱いとなりました。AAPSでは引き続き、基本的な予防対策は継続し健康面でも安全に努めてまいりたいと思います。

  • 体調が悪い場合は無理をせずにお休みください。
  • 咳エチケットや手洗いの実施にご協力願います。
  • 手指の消毒液を常備しております。
  • 休憩時は換気を行います。
  • マスク着用は任意とします。



        

お問い合わせ

当団体の活動内容などに関するご質問、講師依頼などがありましたら、
お気軽にお問い合わせください。